お祝いの日

十一月四日、今年三回目の結婚披露宴のおよばれ、祝辞ば一言と頼まれ

招待状の来てから、まぁ二か月あるけん楽勝って思うとったばってん

光陰矢の如し、あっと言う間の前日になってしもうた。

その日も朝から長崎で、現場調査、昼からは大村で簡単ではあったが

一件の見積りば仕上げて、やっと祝辞でもひねりだそうかと机にむかったばってん

中々、そうは問屋が卸さず、得意のぶっつけ本番、本音で喋るか~と開き直り

家に帰っていつものごとく、晩酌でんして早々にねてしもうた。

さぁ、本番、その日は「えへん虫」の調子がよく、声はかすれ、迫力のなか

祝辞になってしもうて新郎新婦には申し訳なかったばい。

しかし、今年は祝い事のおおかばい、去年まではお見送りの方が多かったとに

よかことばい。

 

コメント

  • 社長らしい素敵な祝辞をいただきました。
    ありがとうございます。

    2017/11/07 07:08 中島 和義
  • 2018年6月
    « 5月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
  • 月別アーカイブ

  • 管理