木心のZEH普及率目標

【ZEH 受託率】
平成28年度目標 平成29年度目標 平成30年度目標 平成31年度目標 平成32年度目標
5% 10% 15% 25% 50%
目標達成のための普及策
  • イベント開催時にチラシ等にZEHについて記載し、周知を図る。
  • ZEH実現に向けて、取引先と協議し、コストダウンに取り組む。
  • 講習会等に積極的に参加し、社員の知識、技術の向上を図る。

ZEH(ゼッチ)とは?

ZEHとは Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス) の略で、高い断熱性能に加えて、省エネ設備、太陽光発電システム、HEMSなどを備え、消費を上回るエネルギーを自宅で発電し、エネルギー収支をおおむねゼロ、またはプラスにする住まいの事を指します。

ZEH住宅のメリット

ランニングコストを抑えられる
年間のエネルギー消費量がおおむねゼロ、ということは光熱費も正味ゼロにできる可能性があるわけです。太陽光発電を設置する際、大きめのものを設置すると光熱費がかからず、むしろ売電収入で収支がプラスになることもあります。この先、長く生活をする住宅で光熱費が正味ゼロというのは大きなメリットでしょう。
補助金が交付されます
新しく家を建てる多くの方が導入しやすいように、いくつかの条件を満たせば国から補助金が交付されます。また、ZEHに申請をしても補助金の原資が国庫でなければ他の補助金も併用が出来ます。
しっかりと断熱されます
ZEHを実現させるためには、しっかりと断熱をすることが欠かせません。断熱がしっかりとされている住宅は、夏は涼しく、冬は暖かい快適な生活を送ることが出来ます。特に、冬場は室内の温度差が激しくなると「ヒートショック」と呼ばれる血圧の急激な変化が起こり、最悪死に至ることがあります。断熱をしっかりとしておけば、建物全体が一定の温度で保たれるので、ヒートショックの原因を取り除く事だ出来るといえるでしょう。