水の如し

夕んべの晩酌、娘婿のシュンスケから送って貰った、飛騨高山の酒で一杯、

最初の飲み口は飲みやすかばってん、なんか鼻に抜けるなぁと、思いつつ

次の一口、まだ少し鼻に抜ける、なしてかな?とラベルば見たら、度数20度

しかも原酒、納得!、水みたいに飲みやすく切れがある、チェイサーば置いて

飲むと更に「うまかぁ!」、じょうぜん水の如しと言う酒のあるばってん、

比べもんにならん、二合ばっかり飲んだらグロッキー、早々に寝てしもうた。

シュンスケ有難う。

ところで、misako紗良はふとうなたやろう、最近の写真ば貼り付けてくれ。

  • 2017年11月
    « 10月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
  • 月別アーカイブ

  • 管理