渡りに船

先の土曜日の晩、誰も付き合ってくれるやつがおらず、我が家で一人

寂しく一杯やりかけとったら、知人から、「飲みにこんね」と誘いの電話、

尻に帆掛けて行ってきた、場所は大村の下波止通り、10年ぶり位になるかな。

ご多分にもれず、ここの歓楽街も銅座と一緒で、千鳥足の閑古鳥がちらほら。

お決まりの宿酔、午前中辛かった。

やっぱり銅座の水がよかばい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

  • 2024年7月
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
  • 月別アーカイブ

  • 管理