今日は終わります

昨日の続きば更新しようと思うたばってん、今日は朝からCADと格闘

しよったけん、疲れた、明日また頑張ります。

10月16日地獄の苦しみ

さて、翌16日症状は悪化するばっかり、と主治医は言う、おいには

まだその実感が沸かんばってん、夕方5時から、腸にに2Mばっかりの

チューブを鼻から入れて腸に詰まった廃液ば出さんばいかんとげな、

いよいよ、内視鏡検査室にある、施術台に乗せられ、喉に麻酔、

点滴で眠り薬を眠らん程度に入れたとげな、ところがどっこい

チューブばたぶん入れ始めたとやろう、乗せられt台が廻り出したら

麻酔は効かんし、眠気も覚めるような、苦しさ!喉からは出血したらしく

たまらんやったばい。

主治医(女医)の罵声に近い「はい!、唾飲まない!、息止めないの

矢継ぎ早の指示、やっぱり麻酔も眠り薬も効かんやったとばい、

この処置「イレウス」と言う治療げな、腹の中に2Mばっかりのチューブが

収まり、きずいた時には(苦しさで)部屋に運ばれて、右手に点滴

生理食塩水ばってんね、こいが飯のかわり、この状態で6日間

絶飲食、ばってん腹は減らんもばい。

ここの看護師の姉ちゃん達は、ほとんどが経験なしか1年くらいの

若い(21、22歳)姉ちゃん、採決の時は争って太か血管ば探して

ブスとやって、採決しよった、お蔭で、右腕も左腕もシャブ中状態

この後はまた明日思い出して更新します。

十月十五日突如

今からちょうど2か月前、朝から腹痛、腹全体の痛みが続くので

かかりつけのクリニックに、症状を伝えると、エコー、X線検査

腸閉塞との診断、点滴を打って様子をみるも、症状の改善なし

院長が即、国立医療センターに連絡、119で救急車手配

まさか、おいが患者で救急車に乗るとは思いもせんやったばい。

クリニックの院長と看護婦が一緒に乗って来てくれたのには、びっくりと感謝

が、院長が別れぎはに言った言葉に、おいの病気はただ事じゃなかばいなと感じた、

その言葉は「直野さん、生還してくださいよ!」だった。

医療センターに着くと、採決、レントゲン、その他なんか検査ば

したようだ、そんころの記憶は定かないが、血液検査の結果ば担当医師が

見て、びっくりしとった、な~んでかな?

それはね、すごい栄養失調だったらしい、そう言えば夏場から飯らしい

飯ば食うとらんやった、ちゅうか食いきらんやった。

さて、翌日からの苦しみについてはまた明日。

お久しぶりです

2か月ぶりのブログの更新です、この2か月の間には色々ありました。

それは、おいおい頭の中を整理して書きます。

取り敢えず、今日から仕事に出てきました、今日一日何事もなく

過ごせた事に感謝してます、スタッフのみんなには迷惑をかけて

申し訳ない。

今日はこれで上がらせてもらいます、お疲れ様、また明日

今、横で桜が遊んでます、ちょっとみらんまに、大人びてきて

おいは、ついていけんばい。

 

あっという間に10月

現場調査に見積りにと追われっぱなしの一週間やったばい

久しぶりに現役の仕事ばさせられよっけん、腰は痛いわ、背中の

筋肉(たいしてついとらんけど)の痛かわ、身体が悲鳴ばあげよるばい

あと一月はこんなもんやろうか?、もうおいは来年の話ばしよっばい

今年は現場はどうにもならん、きつか~、今日は早うかえろう、おやすみ。

 

  • 2021年6月
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930  
  • 月別アーカイブ

  • 管理